資格を取得するにはどうしたらいい?保育士になるための方法とは


保育士養成学校に通って保育士になる

保育士として働くためには、国家資格である保育士資格を取得している必要があります。資格を得る方法の一つは、厚生労働大臣が指定する保育士養成施設に通うことです。4年制大学や短大、専門学校の保育士養成課程で決められた単位を取得し、卒業することで保育士資格を取得できます。昼間の学校の場合では2年間、夜間や通信制の学校の場合は3年間の期間が必要になります。大学は4年間通わなければならないので、早く保育士として働きたいという方には向いていませんが、広い知識を身につけることが可能です。幼稚園教諭など他の資格の取得可能が学校も多いです。認定こども園で働くには幼稚園教諭と保育士の両方の資格が必要なので、働き方の幅も広がるメリットがあります。

保育士試験を受験して保育士を目指す

保育士資格を得るためのもう一つの方法が、保育士国家試験に合格することです。学校教育法に基づいた大学、短大、専門学校を卒業していれば基本的に受験可能です。在学中の場合でも、卒業見込みがあるなどの条件があれば受験できます。年齢制限もありません。高卒や中卒の場合は、児童福祉施設で一定期間の実務経験があることが求められます。試験は筆記と実技の2種類が実施されます。筆記試験は計8科目ありますが、1年で全部合格する必要はありません。合格後は3年間は有効であり、複数年かけてすべての科目を合格するようなケースもあります。実技試験は

音楽、絵画制作、言語の3分野があり、その内2分野を選んで受験します。すべての試験に合格することで資格を取得でき、保育士になることができるのです。

保育士の仕事を探している人は、保育関係の求人をまとめて掲載している比較サイトがあります。保育士の求人を大阪で見つけようとするならば、是非活用しましょう。希望の条件にピッタリの求人が直ぐに見つかります。