確かな専門性と就職先が魅力的!薬剤師の資格取得方法と勤務先


薬学部で6年間学び、国家試験を受験する!

病院や薬局などで活躍する薬剤師になるには、どうすればいいのでしょうか。薬剤師として働くためには、薬剤師資格が必ず必要です。大学の薬学部で化学、衛生学、薬理学などをはじめとする、薬学の幅広い科目を学んだあと、国家試験を受験して合格しなければなりません。国家試験受験資格を得るための薬学部の課程は以前は4年制でしたが、2006年以降6年制になりました。これは、科学の進歩や医療の発展によって、薬剤師に求められる専門性が高度化していることを意味しています。人の生命に関わる重要な仕事である薬剤師になるためには、多くの知識と技術を学ぶ必要があるのです。

活躍の場は定番の病院、調剤薬局以外にもたくさん!

難関資格である薬剤師を取得した後は、どのような場所で勤務するのでしょうか。多くの人がイメージする職場として、病院と調剤薬局があるでしょう。総合病院や大学病院など規模の大きな病院には、薬剤部などと呼ばれる薬剤師の専門部署が設置されています。入院患者の薬を調剤することはもちろん、多職種で構成される院内の治験や感染制御チームなどに、薬の専門家として参加することもあります。調剤薬局では、外来患者に対して薬の飲み方や副作用について、分かりやすく説明します。患者の不安を取り除き、治療に前向きに取り組んでもらうための大切な仕事です。

病院と調剤薬局以外にも薬剤師は多くの場で活躍しています。製薬メーカーで新薬の開発や安全な製造に関わる薬剤師や、麻薬取締官として厚生労働省に勤める薬剤師もいます。また、大学で薬剤師養成に携わる教員にも薬剤師資格の取得者は多いです。それぞれの関心分野や希望する働き方に応じて様々な就職先を選べることが、薬剤師という仕事の大きな魅力です。

薬剤師のシニア求人とは、薬剤師法に従って医薬品の調合や供給を行える人の中で、五十代から六十代くらいの年齢の人を募集している求人の事です。