工場における働き方の種類とは?工場求人の選び方について


雇用形態から工場の求人を選ぶ

工場で働こうと決めた時、まず考えておきたいのが、どのような雇用形態で入職するかです。工場の雇用形態には、正社員や契約社員、派遣社員、パート、アルバイトなどの種類があります。この中で最も高い収入を期待できる雇用形態と言えば、やはり正社員ですね。福利厚生が充実しており、ボーナスがある企業も少なくありません。しかしながら正社員は責任のある仕事を任せられる場合が多く、何かトラブルが発生すれば、残業をしてでも対応しなければなりません。高い給料は期待できますが、残業や責任が伴うことを覚悟しておいた方が良いでしょう。また派遣社員は、工場を運営している企業ではなく、派遣会社との間で雇用契約が結ばれます。派遣会社の中には福利厚生が充実しているだけでなく、ボーナスが出るところもあるようです。

勤務時間で工場の仕事を選ぶ

一般的な企業の勤務時間は、平日の朝から夕方までとなるのが一般的です。しかし、工場は24時間365日体制で稼働している所も多く、勤務時間で求人を選択することが可能になっています。24時間体制の工場では、2交代制、あるいは3交代制のシフトが組まれています。ここで高い給料を得たい時におすすめなのが、夜勤専属という働き方です。22時から翌朝5時までの時間は、法律によって夜勤手当を支給することが義務づけられています。この時間帯は基本給の1.25倍の賃金になるため、日中帯のみの勤務と比べて、高い給料を見込めるのです。ただし、夜勤専属は昼夜が逆転する生活になるため、体調を崩す危険性も考えられます。夜型の生活に対応できるかどうかが、夜勤専属における大切なポイントだと言えるでしょう。

住み込みの求人とは、仕事をするだけで住む場所を提供してもらえる求人のことです。勤務するマンションや、寮、民宿が住み込む先になっていることがほとんどです。家賃がいらない場合もありますので、お得です。