大学生必見!!リゾートバイトのメリット・デメリット


リゾートバイトとは?

リゾートバイトとは、主に住み込みでホテルサービスのアルバイトに従事することです。具体的な仕事内容は、ベッドメイキングやレストランのホール、ベルボーイなどです。

リゾートバイトのメリット

メリットの一つ目は、多くのリゾートバイトの時給は1000円以上が相場で比較的高時給であることです。東京の方では珍しくないかもしれませんが、地方大学に通っている大学生にとって、時給が1000円以上の職種はかなり限られてきます。職場によっては、一週間ほどで5~6万円くらい稼ぐことが可能です。しかし、デメリットでも触れますが職場によっては仕事時間が朝しかなかったり、短かったりと高い時給の割には日給が良くないというケースもあるようです。
二つ目は、大学では得られない出会いがあることです。リゾートバイトは、全国の大学生やフリーターの募集があり、他大学の学生や社会経験が豊富な面白いフリーターと交流することが出来ます。実際にリゾートバイトで全国を旅しているフリーターの人と連絡先を交換して、リゾートバイトを終えた後でも交友が続く場合もあります。

リゾートバイトのデメリット

まず、業務時間によってはかなり暇になることがあるということです。例えば、あるリゾートバイトでは、中抜け業務といって7:00に寮から出勤して12:00に一度退勤。5時間の休憩時間を挟んで、17:00から23:00まで仕事があります。人によっては朝しか業務がなかったり、1日に3時間ほどしかなかったりして退屈してしまうことがあるようです。対策としては、友達と一緒にリゾートバイトをすることや、観光や積極的な人との交流が挙げられます。大学生であれば、勉強するというのもおすすめです。

リゾートバイトは、観光地やテーマパークなどで販売や接客、調理など色々な仕事を体験でき、普段とは違った仕事に挑戦をしたい学生やフリーターから注目されています。