外資系企業に転職するメリットって何がある?


実力主義で高収入が狙える

外資系企業では市場価値が高いスキルや経験を持っていれば年齢に関係なく高収入を得られることができます。また外資系企業は年功序列ではない実力主義です。成果を出した分だけ昇給や昇格が見込めるので、自分の実力に合った報酬を得たいと考えている人に最適な働き方であるといえます。さらに外資系企業は男女の評価が平等なので、女性で出世したいと思っている方に最適な職場です。

プライベートに仕事が入ってこない

勤務時間や服装などに縛られないで働きたいと考えているのであれば、外資系企業は最適です。外資系企業はフレックスがほとんどなので、勤務時間も自由ですし、服装はビジネスカジュアルでも構わないからです。外資系企業は社員の自主性を重んじているという特徴があります。外資系企業はオンとオフが明確に分かれているので、休暇はしっかりととることができます。日本企業でよく見かける付き合いのゴルフや飲み会などは全くなく、プライベートに仕事のことが入ってくるようなことはありません。

実力のある人は外資系企業に転職しよう

このように外資系企業は日本企業にと比べて企業風土が異なります。働き方が自由で、上司に気を遣うことが少ないので、日本人の感覚からすると少し違和感を感じてしまうかもしれません。ただし外資系企業は能力に関係なく実力に見合った報酬を受け取ることができるので、能力のある若い方は外資系企業で働くことによって、年収がアップする可能性があります。自分の能力に自信がある方は、外資系企業に転職することが有効であるといえます。

経理の転職は、即戦力を求められる場合が多いです。また、大雑把や時間にだらしなかったり、秘密を保持できないような人は厳しくなります。