高齢化社会の今こそ狙い目!運転手の派遣に応募するメリット!


運転手をするにはどのような免許が必要?

運転手の求人や派遣応募に必要な免許は職種に伴って大きく違ってきます。高齢化社会の一途を辿る現代日本で近年増えているのは、いわゆる要介護者のデイケア送迎です。要介護者を自宅からリハビリ施設や病院へ送迎したり、時には近場のスーパーなどに送迎します。乗り降りの時の補助なども仕事の一部です。いわゆる白ナンバー(一般車両)での送迎が主なので、普通自動車免許さえあれば男女問わず誰にでも出来るのが大きなメリットといえるでしょう。給与面や福利厚生なども、慢性的な労働者不足に伴って各社競うように改善をはじめているので、狙い目です。

特殊な免許が必要な運転手とは?

タクシーやハイヤーなど旅客者を運送する業務の場合は、普通自動車第二種免許が必要です。路線バスや観光バスなど乗車定員30人以上の大型車両の場合は大型自動車第二種免許が必要です。これらの免許を取得している労働世代がどんどんと就労現場から引退していっているので、派遣などでの二種免許が必要な募集は総じて数年前と比べて待遇が向上しています。

最初は普通自動車から徐々にスキルアップ!

まずは普通自動車での送迎からはじめて、徐々にスキルアップする事も出来ます。普通自動車第二種免許や大型自動車第二種免許の取得難易度も近年、各地に増えてきた二種専門の教習所を利用することで想像以上に容易に取得することが可能です。なにより、何事も経験です。まずは普通自動車運転免許で応募できる派遣などで現場を経験して、自分に合っていると感じたらどんどん二種免許取得などのスキルアップを目指してください。要介護者の送迎から路線バス・観光バスまで幅広く、常に需要があるのが運転手という職業です。

運転手の派遣を利用すると、運転の技術力が高いのはもちろんですが、きちんとした教育がされているので対応能力も高いです。